女性用育毛剤とカラーリングの相性が良くない理由

マイナチュレ基礎知識

育毛剤マイナチュレ|女性用育毛剤とカラーリングの相性が良くない理由

更新日:

女性用育毛剤カラーリングの相性は良くないという意見があるのをご存知でしょうか?

私もそれまでは女性用育毛剤マイナチュレとカラーリングを併用していましたが、相性が良くない理由を調べた結果カラーリングの成分に注目して使うようになりました。

ここでお伝えする情報はこんな方におすすめです。

  • 女性用育毛剤とカラーリングの相性が良くない理由
  • カラーリングの危険な成分
  • 女性用育毛剤と相性のいいカラーリング成分
私はアラサーを超えて薄毛に悩み女性用育毛剤マイナチュレを使い始めましたが、ここではカラーリングとの関係について詳しくお伝えしていきます。

女性用育毛剤とカラーリングの相性が良くない理由

女性用育毛剤とカラーリングの相性が良くない理由

理由として挙げられているのが育毛剤に含まれている「アルコール成分」

アルコール成分によって染めたばかりの髪毛色が取れやすくなります。

したがってカラーリングして直ぐに育毛剤を使うのはあまりおすすめではありません。

白髪だけでも悩みなのに、最近は抜け毛も多くなってきて心配という人も。

そんな時ヘアカラーしている髪に育毛剤を使うと、頭皮ダメージなどが起こったりしてヘアカラーが色落ちしやすくなることが指摘されています。

ただし育毛剤を使いながら髪を染めるのは基本的に問題はないということなので、どちらも使用したいという時にはカラーが髪の毛に定着しやすいように、染めた時にはその日から数日経過した後に育毛剤を使うと良いです。

女性用育毛剤 カラーリング

無添加成分のマイナチュレが代表されるように育毛剤によってはこのアルコール成分が少ないものなどがありますので、そうした女性用育毛剤製品を選ぶようにするのはおすすめです。

せっかくきれいにカラーリングしたのに、アルコール成分で多少なりとも色落ちしてしまってはもったいないですよね。

そのため、育毛剤を使用する時はこの「女性用育毛剤とカラーリングの相性」を注意してみてください。

マイナチュレが口コミで噂の「植物成分」による3つのメリットとは!?

カラーリングの危険な成分

カラーリングの危険な成分

毛染め成分「ジアミン」には注意をする必要があります。

カラーリング剤は、髪の毛の色を染めるための成分が配合されています。

基本的には人体に危険ではない成分が使用されているのですが、時にカラーリング剤に含まれている「ジアミン」という酸化染料によってアレルギーの症状が起こる可能性があると言われています。

“ジアミン”とは「酸化染料」と呼ばれている一群の染毛成分の中で、特にアレルギーを発症する頻度が高い「パラフェニレンジアミン」を“ジアミン”と略したことから始まった酸化染料の俗称です。

出典:ランドプランニングアソシエーツ

またおしゃれ染めや白髪染めといったヘアカラー剤には、基本的にジアミン成分が含まれています。

普段何気なく使用している成分なのですが、肌が敏感で弱い人や体質によってはつぎのような症状が考えられるといわれています。

  • 頭皮がかゆくなる。
  • 頭皮が赤くなる。
  • 頭皮がピリピリとした感覚がする。

ひどくなると、アレルギー反応の”アナフィキラシーショック”を引き起こす原因にもなると言われています。

このジアミン成分は髪の色を明るく変化させるために、どうしても必要な成分ですのでヘアカラーには不可欠なもの。

こうした症状が全員に起こるというわけではないのですが、長期間繰り返してヘアカラー染めをしている、カラーリングでアレルギー反応が出ている人などにとっては危険な成分であり、使用に際して注意しておく必要があります。

女性用育毛剤とカラーリングを併用する場合、皮膚が敏感な人などは特に気を付けておくようにしましょう。

マイナチュレは敏感肌・乾燥肌・アトピーでも使える?

女性用育毛剤と相性のいいカラーリング成分

女性用育毛剤と相性のいいカラーリング成分

おすすめなのが「天然の植物成分」が配合されているカラーリング剤です。

女性用育毛剤には”アルコール成分”が多少なりとも含まれています。

そのような女性用育毛剤をカラーリングと併用して使用するという場合、育毛剤と相性の良いカラーリング成分を使用することがおすすめです。

育毛剤と相性の良いカラーリング成分としておすすめなのが、天然の植物成分が配合されており肌に優しいカラーリング剤です。

例えば、髪や地肌に優しいヘアカラーとして最近注目されている”植物性のヘアカラー”は、植物由来の天然成分が配合されていて安心して使用できます。

女性用育毛剤 カラーリング

また、できるだけアルコール成分が少ない女性用育毛剤といっしょに用いることで頭皮への刺激も少なくなり、植物由来のヘアケア成分の作用で頭皮のコンディションを整えてダメージの少ない育毛とヘアカラーの両立が期待できます。

どちらも自然派のものを使うことでヘアケアを行いながら頭皮の状態もケアしてくれるため、より元気な髪の毛が育ちやすくなる地肌環境を作っていくことが期待できます。

したがって、女性用育毛剤と相性のいいカラーリング成分が配合されている「植物系のヘアカラー剤」を用いて白髪染めを行うことがおすすめです。

女性用育毛剤とカラーリングの関係まとめ

女性用育毛剤とカラーリングの関係についてお伝えしてきましたが、ここまでをまとめます。

  • 女性用育毛剤とカラーリングの相性が良くない理由
    ➝育毛剤に含まれるアルコール成分によって色落ちしやすい。
  • カラーリングの危険な成分
    ➝アレルギー反応などを引き起こす可能性のあるジアミン成分が含まれる。
  • 女性用育毛剤と相性のいいカラーリング成分
    ➝天然植物エキス成分や無添加。

この中でもとくに”カラーリングの危険な成分”については注意が必要です。

結論は、女性用育毛剤とカラーリングの成分は「天然植物由来の原料で添加物が少ないもの」を選ぶことが相性をよくする方法です。

ぜひ成分をしっかりとチェックして、健康に育毛とオシャレな色を楽しみましょう♪

自分のイラスト

無添加成分でカラーリング剤との相性もバッチリ!

私が育毛剤マイナチュレを試した結果♪

矢印マイナチュレの口コミ

 

-マイナチュレ基礎知識
-

Copyright© 育毛剤マイナチュレの口コミ!43歳主婦が6ヵ月間試してみたマイナチュレの口コミと体験レビュー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.